貧乏観察日誌

世の中は貧乏に厳しいが、それでも足掻いて少しでも心でも生活でも何かしら豊かになろうと試行錯誤するブログ。

全ては御伽なんだよ

秘書が悪い。

ニュースを見ればここんとこよく出てくる東京都知事の人。
最近はプライベートな食事の出費も経費として落としちゃいました、ってことでテレビで見ております。
しかし、秘書なんかを持つとろくなコトにならんですね。何が起きても大体誰も彼も口を揃えて「秘書が悪い」。
なに、秘書って悪人しかならないの?

よく庶民とは感覚が違う、などと言われますがお金の使い方に関しては収入に見合った使い方になるわけで、それを自分と比べてはいけないように思うのです。上見たらキリがない。

それよりも、経費として落とそうとするものの線引きですよね。
営業をやってる方なら、恐らく様々な領収書を経理に提出するのだと思うのですが、その中には「これは微妙かもな…でも出すだけ出してみるか」っていうのが1枚や2枚くらいあるでしょう。私も過去にはそういった経験がありました。この交通費出るかなーみたいな。
そのチャレンジの規模が違いますよね。家族でご飯行ったやつも「落ちるかなーどうかなー」でやってるんですもんね。

まぁ、普通に考えて…とか、一般的に…とか、そういうのは通じないんです。
だって都知事なんか普通でも一般でもないし、市民の見本となる暮らしをするような存在でもないんですもんね。
私なんかはそもそも東京住みでもないし、貧乏の最下層近くを超安定の低空飛行している暮らしですから、もう普通すら贅沢に見えますからね。
都知事の暮らしなんていったら、おとぎ話のレベルです。

だから龍宮城行ったのか!

広告を非表示にする

スポンサードリンク