貧乏観察日誌

世の中は貧乏に厳しいが、それでも足掻いて少しでも心でも生活でも何かしら豊かになろうと試行錯誤するブログ。

洋服にぶち撒けたフリクションのインク

消えますもんね!

と、思ってた。

みんな、使ってる?インクの消えちゃう魔法のようなボールペン、フリクション

え?ボールペンが消えるなんてナンセンス?

いやいや、あれはボールペンと思って使うから不思議な感じがしちゃうんですよ。あれは次世代の鉛筆だと思えば、書いた字が消えることもまるで不思議じゃない。しかも常に線は一定の太さだし、消すためのゴムも大きさを同一としたら圧倒的に消しゴムより長持ち。こんな素晴らしいアイテムを使わない手はありませんよ!

と、意気揚々に胸ポケットに差し込んだブルーブラックのフリクション。会議に向かい、必要事項や重要な事項をメモにガサガサととっていく。ちなみに、こういうスピードが要求される場合においてはフリクションだろうが鉛筆だろうが、上からグシャグシャっと塗りつぶして修正します。

そんなフリクションの持つ特徴に刃向かうような態度を取っていたからなのか、私はいつの間にかターゲットとされていたのです。



うーわぁー!!めっちゃ染みてますー!!


うっかり会議終わりに芯を出したまま胸ポケットにインしてしまったフリクション。散々周囲から「オシャレやん」とイジられながらも、ドライヤーで消えるから大丈夫だもん!と強がりながらこの日の仕事を完遂。あとは胸ポケットを強調するブルーブラックのシミとともに帰宅するのみ。


さぁーて、ドライヤーの出番です。フリクションペン軸と情報によれば60度の温度で消えるらしいです。自信満々でドライヤーで消えると思ってたんですが、よくよく考えればドライヤーからの温風がそもそも何度であるのかが分かりませんでした。

これはなんとも手痛いミスではありますが、これで失敗しても失う物は時間のみです。ワイシャツもクリーニングに出せばきっと元に戻るでしょう。ならば、ここでドライヤーを使うことを躊躇う理由などありません!



スイッチ!オン!



薄くなってきてる!凄い!



きてるー!これはもうゴール間近ー!

残りあと少し!ゴールまでもう一息!消えてる、完全に消えにきているー!


あぁーっと、ここで突然の失速!

急にここから消えなくなるフリクション。薄いシミは私の心に深い影を落としました。が、もしかしたら根元までしっかり染みているからかもしれません。ドライヤーの温風がたかだか知れてるからかもしれません。



そして本格的に消えなくなるフリクション。あと残るはアイロンですが、別にそうなったら洗濯したあとでも良いのかな…。


◼︎突然の結論

洗ってからアイロンすれば消える!

ドライヤーとかなんだったの?と言うくらいには綺麗さっぱりになりました。この程度の染みだった…からなんだろうか。

スポンサードリンク