貧乏観察日誌

世の中は貧乏に厳しいが、それでも足掻いて少しでも心でも生活でも何かしら豊かになろうと試行錯誤するブログ。

アップルマジック

耐水性能を備えたiPhone7
ほとんどマジック

油性の?
先の記事ではすっかりiPhoneが所謂普通のスマホになってきたなと。「この機能がないから…」と敬遠していた人もほとんど取り込めるくらいにはなったのかなと思っている次第なんですが。
冒頭にも書いた2文、iPhone7のCMより抜粋なのですが、…マジックだそうです。

過去最高とか、全く新しいとか、キレキレの煽り文句を打ち出すAppleさんなんですが、耐水性能にマジックであると声高に言ってしまうのはちょっと違う。
いや、海外の携帯事情は分かりませんからなんとも言えないんですが、それマジックだったら日本のガラケーなんかは魔法そのものですよ。「アイフォーンよ。あなたのはアイフォンー」と怒られるくらいには魔法。
あのパカパカ折りたたみ式に1000万画素を超える画素のカメラ、耐水ではなく防水性能を備えておサイフケータイなどお手の物。赤外線通信を備え、機種によってはワンセグも観れる。古の機種では普通にテレビの電波もキャッチするような機種もボーダフォンにあった気がします。懐かしい。

iPhoneのことだけ考えればそれは間違いなく魔法のような進化でしょう。水に耐性がつくまではひたすらに効果は抜群でしたから、こんな素敵なことはありません。かといってあの豪雨で雷まで鳴っているような天候で自転車で出かけるのはiPhoneじゃなかったとしてもやらないと思うの。

少なくともCMの人は完全に血迷ってる気がしなくもないわけですけれども、iPhone7が盛り上がる折りに私はiPhoneSEに大変満足しておりまして。
多少、Androidと比較して使い勝手やら何やら不満が全くない訳ではないですが、それでもまだまだ新品に近い状態ということも相まってか、動きは勿論機敏です。だいたい何やっても遅れをとらない、そして容量に悩まされることも(今のところは)ない。それだけでも買った甲斐があったというものです。
つまりは普通に使う人にとっては大変コスパの良い買い物だと思うんですよ。スマホに多くを求めない人なら間違いなく買いでしょ、もうこれ。

とはいえ、SIMフリーでないと本体代はまだまだ高めで、もう1万円出したらiPhone7買えちゃいそあなんだけど…くらいの強気価格でキャリアも継続販売中。
キャリアがいいとかMVNOがいいとか、そういう論議は置いておくとして、キャリアにいるなら最新のを手軽に分割で買うのがいいとも思うんですよ。それこそがキャリアの最大の強みであると思いますし。

とはいえ、ここまでの機種をお安く買えてしまうというのは、iPhone7の最大マジックだと私は感じるのです。
少なくとも、耐水はそんなマジックじゃない。マジックカットよりもマジックじゃないと思う。

広告を非表示にする

スポンサードリンク