読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貧乏観察日誌

世の中は貧乏に厳しいが、それでも足掻いて少しでも心でも生活でも何かしら豊かになろうと試行錯誤するブログ。

ハングアウトはLINEを喰う日が来るのか

f:id:hamteru:20160924002754j:plain
何故、あなたはLINEを使うのか。

このご時世、電話やメールは個人間でのコミュニケーションにおいてはすっかり古くなりました。
今や時代はLINE。取って代わろうと色々なサービスが登場するもその牙城、崩せず。
コミュニケーションツールは1人だけが躍起になって使ってても意味がありません。結局、LINEの普及によってわざわざLINE以外のものに足並み揃えて移行するか、しないよねっていう話な訳ですね。

でも、今回AndroidからiOSに乗り換えた時に困るのがLINEなんです。
アカウントの移行は勿論できます。が、トーク内容は移行されません。テキストなどで保存して後から参照は可能ではあるのですが、そのセッション毎に取る必要があるので大変面倒くさい。
LINE上に残しておくことで後々の検索が楽なんです。なんかこう、スケジュールの確認とか…。
なんでこんなにも面倒くさいのをみんな使うんですか。男は黙ってiPhoneからiPhoneAndroidからAndroidですか。

いや違う、そんな諦めの境地に至るのは絶対に間違っている。
と、いうことで私はハングアウトを強くオススメしたいのです。

Google謹製のメッセージアプリで、メッセージのやり取りは勿論、音声通話も可能となっています。勝手に電話番号を抜き去って友達にしてしまうこともありません。Googleアカウントに紐付くので、Gmail使ってる人は使ってるかもなぁ、くらいなもんです。

何より、ハングアウトのいいところはGoogleアカウントに紐付いているから全ての端末で使えます。LINEのように一つのアカウントにつき1台ではありません。
個人的には、複数台運用しているとこれが結構ありがたいのです。だから思わず「何より」としてしまいましたが、普通の人にはそんなにありがたいと思われない部分かもしれませんが、待って欲しい。

つまりそれは、機種変更した後にも同じことが言えるということに他なりません。
機種変更した直後、人はその場で下取りなどしない限りは基本的に手元に2台の携帯電話がある状態ですよね。
この2台にハングアウトを入れれば、どちらも同じアカウントで、同時に使うことができます。
しかもトークの履歴は新しい方でもちゃんと生きてます。煩雑な手続きは一切必要ありません。ただ、アプリをダウンロードしてログインすればいいのです。そう、ハングアウトならね。

しかし、ハングアウトにも弱点はあります。
先にも書いた通り、LINEはいつしかのアップデートで導入された「検索」がものすごく便利です。
もはや誰とのトークで使ったのかは分からないけれど、あのアレについて発言したやつを探したいって時に、全てのセッションから該当のワードを拾って来てくれるので、そのままLINE上に寝かせておけば、あとはキーワードさえ忘れなければ立派なデータボックスといえます。
対してハングアウトも検索自体は可能ですがPC上でしか行えません。アプリ単体で完結できないのがもどかしいところですね。大体そういうのを検索して知りたい時は身軽な時がほとんどですし。

こんなにも素晴らしいアプリ。
当然私も使っています。たった1人でね…!
私は今日も、明日も、今後も、LINEを使うのでしょう。願わくば、なんかセレブとかがハングアウトめっちゃ使ってまーす!みたいな事態がおきて奇跡的な普及を遂げんことを…。

…って思ってたのに、最近「Google Allo」なるメッセージアプリが登場しているようです。それにつけた機能を全部ハングアウトにくっ付けてくれればいいのに!
という感想しか出なかったです。もういいよLINEでよ。

スポンサードリンク